お客様の声

棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を
サンフレックス(株) 長谷川 剛様 春田先生とは設立当初から大変お世話になっております。 とても話しやすく経営に関する悩みには豊富な知識

お客様の声をもっと見る

ニュース

10月18日
印紙税の不思議(投稿・意見箱)
10月15日
賃上げ・投資促進税制(法人税)
10月7日
従業員の車を会社で使用する場合の費用処理について(法人税)
10月4日
ずぶずぶの(投稿・意見箱)
10月2日
【国税、海外資産の監視強化】(クリッピング)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

印紙を貼付すべき時期と過怠税

1.概要

課税文書の作成者が貼付すべき印紙税を課税文書の作成の時期までに貼付しなかった場合は、本来の印紙税の額の3倍に相当する過怠税を徴収されることとなる。
ただし、課税文書の作成者が所轄税務署長に対し印紙税を納付していない旨の申出をした場合は、その過怠税の額はその納付しなかった印紙税の額の1.1倍の金額になる(※)。
また、貼付した印紙税を所定の方法により消印しなかった場合には、消印されていない印紙税の額に相当する金額の過怠税を徴収されることになる。
(※)その申出が印紙税の調査があったことによりその課税文書について3倍
の過怠税の決定があるべきことを予知してされたものである場合を除く。

なお、この過怠税は罰金的性質を持っているため、その全額が法人税の損金や所得税の必要経費には算入されない。

2.作成の時期とは

従って文書作成の時期に印紙を貼付せず、後日(例えば税務調査の通知をうけてから)に印紙の貼付と消印がされたことが税務調査において指摘を受けた場合は、前述の過怠税が課されることとなる。

2019年8月13日

ページの先頭へ

課税文書の判定

ページの先頭へ