お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

11月11日
従業員団体の損益(法人税)
11月7日
令和の税金(投稿・意見箱)
11月5日
申請書等閲覧サービスと写真撮影(税制(改正)等のお知らせ)
10月30日
きのふの我に飽くべし(投稿・意見箱)
10月28日
区分記載請求書(消費税)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

印紙の消印の方法

課税文書に印紙を貼付した場合には、印紙の再使用を防止するため、その文書と印紙の彩紋にかけて判明に印紙を消さなければならない。
また、消印は一見して誰が消印したかを明らかにしておく観点からその消印方法は印章または署名によることとされている。
なお、共同で作成する文書については当事者全員が消印しても、一方のみが消印しても差し支えない。

1.消印に使う印章について

消印につかう印章は、その文書に使用しているものでなくとも差し支えないとされているため、以下のような印章であっても構わない。

① 文書作成者の別の印章、代理人・使用人・従業者の印章
② 氏名や名称などを表示した日付印
③ 役職名などを表示したゴム印

2.消印の署名について

消印の署名も1.と同様に文書作成者のほか代理人、使用人、従業員の署名であっても差し支えなく、その表記形式は氏名や商号を表すもののほか、通称のようなものでも構わない

3.消印とはみなされないもの

印紙の再利用防止及び消印者の特定の観点から、以下のような方法は消印には該当しない

① 鉛筆など簡単に消し去ることができるもので署名をする(再利用防止の観点より×)
② 印章または署名が印紙の彩紋にかかっていない (同上)
③ 「印」という文字で署名する(消印者の特定の観点より×)
④ 斜線を引く (同上)

2019年7月29日

ページの先頭へ

課税文書の判定

ページの先頭へ