お客様の声

棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を
サンフレックス(株) 長谷川 剛様 春田先生とは設立当初から大変お世話になっております。 とても話しやすく経営に関する悩みには豊富な知識

お客様の声をもっと見る

ニュース

9月23日
スモールビジネス(投稿・意見箱)
9月20日
成功体験(投稿・意見箱)
9月17日
041.一般社団法人を利用した従前の節税スキームの制限(お得情報・節税のヒント)
9月14日
そうでしょう えへへ…(投稿・意見箱)
9月12日
ともに生きる(投稿・意見箱)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

クレジットカードの支払いの際の領収書

お店や飲食店で物品の購入や飲食をした際にクレジット支払いした際に、お店等の領収書が必要かどうかについて

利用者が、お店でクレジット払いをした場合に、お店に領収書を依頼した場合、お店は「クレジット払い」というスタンプを押して領収書を発行することが慣行となっています。
ただし、クレジット販売は、金銭の授受を行わない「信用取引」ですから、この領収書は、金銭の授受を表す領収書ではありません。したがって、この領収書は印紙を貼る必要もありません。いってみれば、利用者とお店との取引内容を確認する請求書類といった意味になります。
また、お店側が利用伝票を発行して、それに以下(①~⑤)の記載がある場合も同様となります。①作成者の名称(利用者の名称)②商品やサービスを購入した年月日③購入した商品やサービスの内容④購入金額⑤書類を発行される者の名称(お店の名称)

したがって、利用者は取引内容を明らかにする書類として、店側が発行する「領収書」なり利用伝票を保存しておく必要があります。

クレジット会社からは、翌月にクレジットの利用明細書がくるため、その利用明細書をもって、領収書の代わりとすることができるかどうか

利用者がクレジットを使用して、お店にクレジットで支払いをした場合は、クレジット会社はお店より利用者に対する債権を買いとって、一定の日に債務者である利用者から債権を回収します。利用明細はクレジット会社がお店から買い取った債権のリストを意味します。
また、そもそも売買等の当事者であるお店が発行したものではありませんから、取引内容を明らかにする請求書等にも該当しません。また、この利用明細では、利用者が「何を購入したか」(上記③)という内容がわからないという欠陥もあります。
したがって、この利用明細をもって、お店との取引を明らかにする請求書等とみなすことはできません。

2019年7月8日

ページの先頭へ

課税文書の判定

ページの先頭へ