お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

9月23日
051.生産緑地の2022年問題(お得情報・節税のヒント)
9月17日
手を繋がないふたり(投稿・意見箱)
9月14日
050.一時払い終身保険(相続対策として)の活用(お得情報・節税のヒント)
9月7日
049.減資(資本金の減少)(お得情報・節税のヒント)
8月20日
駆ける2人(投稿・意見箱)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

同居を要件とした所得控除

 同居を要件とした所得控除は➀同居老親等・・58万 ➁同居特別障害者・・75万の2つあります。

➀同居老親等 
 同居老親等とは、老人扶養親族のうち、自己または自己の配偶者の直系尊属で、自己又は自己の配偶者のいずれかとの同居を常況としている人をいいます。
 したがって、自己が老人扶養親族と同居していたが、単身赴任で自宅を離れた場合などは、妻(配偶者)が自宅に残った場合は同居老親となりますが、妻も一緒に転居した場合や、配偶者がいない場合は、同居老親には該当しません。

➁同居特別障害者
 控除対象配偶者又は扶養親族が特別障害者に該当し、かつ、納税者又は納税者の配偶者若しくは納税者と生計を一にするその他の親族のいずれかとの同居を常況としている者をいいます。
 障害者控除は、扶養控除の適用がない16歳未満の扶養親族を有する場合においても適用されます。

2014年11月25日

ページの先頭へ

給与(給与所得)・外注費(事業所得)の区分について

【概要】

近年の就労形態の多様化に伴い、業務委託契約や請負契約に基づき就労する「個人請負型就労者」が増加しており、給与所得か事業所得かに迷うケースも増加している。
これらの違いは、税務上は以下の点に影響することとなる。

・源泉所得税
給与所得⇒給与にかかる源泉税率を適用
事業所得⇒源泉所得税の対象に当てはまらない場合は源泉所得税なし

・消費税
給与所得⇒対象外
事業所得⇒課税対象

【給与所得と事業所得の区分の参考】

※ 東京国税庁の平成15年文書より抜粋

 

2019年10月21日

ページの先頭へ