お客様の声

棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を
サンフレックス(株) 長谷川 剛様 春田先生とは設立当初から大変お世話になっております。 とても話しやすく経営に関する悩みには豊富な知識

お客様の声をもっと見る

ニュース

8月19日
40.特別清算による債権放棄(お得情報・節税のヒント)
8月14日
軽んじる(投稿・意見箱)
8月13日
定期保険及び第三分野保険に係る保険料の取扱い(税制(改正)等のお知らせ)
8月13日
印紙を貼付すべき時期と過怠税(印紙税)
8月7日
【企画書 失敗しない作り方】(クリッピング)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

2018年以後の配偶者控除・配偶者特別控除額

納税者に配偶者がいる場合に、配偶者の所得に応じて一定額を、納税者について所得控除(配偶者控除もしくは配偶者特別控除)をうけることができます。ただし、納税者自身の合計所得1,000万円(給与収入1,220万円)を超える場合はこの適用がありません。

<ケース1> 給与収入で判定・・・納税者(本人)、配偶者とも給与所得のみ(配偶者がその年の12.31現在で70歳未満、障害者でない場合)

(配偶者控除)
納税者の給与収入が1,220万以下の人について、配偶者の給与収入が103万以下の場合に、納税者の給与収入に応じて38万円から13万円の控除をうける

納税者の給与収入
1,120万以下 1,170万以下 1,220万以下
38万円 26万円 13万円

(配偶者特別控除)
納税者の給与収入が1,220万以下の人について、配偶者の給与収入が201万以下の場合に応じて38万円から1万円の控除をうける

配偶者の給与収入 納税者の給与収入
1,120万以下 1,170万以下 1,220万以下
150万以下 38万円 26万円 13万円
155万以下 36万円 24万円 12万円
160万以下 31万円 21万円 11万円
167万以下 26万円 18万円 9万円
175万以下 21万円 14万円 7万円
183万以下 16万円 11万円 6万円
190万以下 11万円 8万円 4万円
197万以下 6万円 4万円 2万円
201万以下 3万円 2万円 1万円
201万超 0万円 0万円 0万円

 

<ケース2>所得で判定・・・納税者(本人)、配偶者とも所得で判定した場合(配偶者がその年の12.31現在で70歳未満、障害者でない場合)

(配偶者控除)
納税者の合計所得が1000万以下の人について、配偶者の合計所得が38万以下の場合に、納税者の給与収入に応じて38万円から13万円の控除をうける

納税者の給与所得
900万以下 950万以下 1,000万以下
38万円 26万円 13万円

(配偶者特別控除)
納税者の合計所得が1,000万以下の人について、配偶者の合計所得が123万以下の場合に応じて38万円から1万円の控除をうける

配偶者の給与所得 納税者の給与所得
900万以下 950万以下 1,000万以下
85万以下 38万円 26万円 13万円
90万以下 36万円 24万円 12万円
95万以下 31万円 21万円 11万円
100万以下 26万円 18万円 9万円
105万以下 21万円 14万円 7万円
110万以下 16万円 11万円 6万円
115万以下 11万円 8万円 4万円
120万以下 6万円 4万円 2万円
123万以下 3万円 2万円 1万円
123万超 0万円 0万円 0万円
2018年11月19日

ページの先頭へ

H29年年末調整セミナーレジュメ(Ⅴセルフメディケーション税制)

ページの先頭へ