お客様の声

棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を
サンフレックス(株) 長谷川 剛様 春田先生とは設立当初から大変お世話になっております。 とても話しやすく経営に関する悩みには豊富な知識

お客様の声をもっと見る

ニュース

4月8日
令和へ(投稿・意見箱)
4月1日
考えの自走(投稿・意見箱)
3月25日
副業(お得情報・節税のヒント)
3月25日
「職場のホーキング」(投稿・意見箱)
3月20日
経営力向上計画(お得情報・節税のヒント)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

030.家なき子特例の改正(小規模居住用宅地の特例)

従前節税の利用の多かった「家なき子」特例の改正が行われた。
(従前の適用要件の要約)
① 相続人人は3年間持ち家がない(配偶者の持ち家を含む)
② 被相続人に配偶者及び同居相続人がいない
③ 申告期限まで継続して所有すること

この制度の特徴
④ 相続人に限定されない→遺贈でも適用可能
⑤ 申告期限までの所有要件のみ(居住要件がない)

節税に使われていたケース
⑥ 相続人がすでに持ち家をもっているケースで、持ち家のない孫に遺贈によって家屋を相続させる。(④を利用したケース)
⑦ 相続人が居住不動産をもっている。そこで、いったん同族法人なりに売却して社宅として居住している。「家なき子」の状態を作り出した。(①の創設)

30年の税制改正
特例の対象者の範囲から下記の者を除外する。
ア 相続開始前3年以内に、その者の3親等内の親族又はその者と特別の関係のある法人が所有する国内にある家屋に居住したことなる者
イ 相続開始時において居住の用に供していた家屋を過去に所有していたことがある者
(アによって)
・相続時において、孫が相続人と同居しているような場合は適用不可
(イによって)
・たとえば、同族法人に売却した不動産に相続時点で居住している相続人は排除される

2019年1月15日

ページの先頭へ

026.個人事業VS法人

2018年12月6日

ページの先頭へ