お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

10月21日
妙に楽しい(投稿・意見箱)
10月12日
税務通信3621号 国税庁担当官に聞く「年末調整手続の電子化」の概要と実務(所得税)
10月5日
053.ダイレクト納付(お得情報・節税のヒント)
10月1日
日銀日記(五年間のデフレとの闘い)(投稿・意見箱)
9月28日
052役員報酬の改定・いつから(お得情報・節税のヒント)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

少額資産

減価償却資産の計上について                                                     平成26年7月18日

1. 以下のものは次の要件を満たした場合、損金の額に算入される。
① 事業の用に供していること
② 損金経理を行うこと。

(1) 使用可能期間が1年未満のもの
この場合の「使用可能期間が1年未満のもの」とは、法定耐用年数でみるのではなく、その法人の営む業種において一般的に消耗性のものと認識され、かつ、その法人の平均的な使用状況、補充状況などからみて、その使用可能期間が1年未満であるものをいいます。
例えば、テレビ放映用のコマーシャルフィルムは、通常、減価償却資産として資産計上し、法定耐用年数2年で減価償却しますが、テレビ放映期間は1年未満であることが一般的です。したがって、テレビ放映の期間が1年未満のものは、「使用可能期間が1年未満のもの」に該当します。

(2) 取得価額が10万円未満のもの
この取得価額は、通常1単位として取引されるその単位ごとに判定します。
例えば、応接セットの場合は、通常、テーブルと椅子が1組で取引されるものですから、1組で10万円未満になるかどうかを判定します。
また、カーテンの場合は、1枚で機能するものではなく、一つの部屋で数枚が組み合わされて機能するものですから、部屋ごとにその合計額が10万円未満になるかどうかを判定します。

(3)一括償却資産
取得価額が20万円未満の減価償却資産については、各事業年度ごとに、その全部又は一部の合計額を一括し、これを3年間で償却する一括償却資産の損金算入の規定を選択することができます。

(4)中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例
① 概要
中小企業者等が、取得価額が30万円未満である減価償却資産を平成15年4月1日から平成28年3月31日までの間に取得して事業の用に供した場合には、一定の要件のもとに、その取得価額に相当する金額を損金の額に算入することができる。
② 中小企業者とは
・資本金の額又は出資金の額が1億円以下の法人。ただし、同一の大規模法人に発行済株式又は出資の総数又は総額の2分の1以上を所有されている法人及び2以上の大規模法人に発行済株式又は出資の総数又は総額の3分の2以上を所有されている法人を除きます。
・資本又は出資を有しない法人のうち、常時使用する従業員の数が1,000人以下の法人
③ 限度額
適用を受ける事業年度における少額減価償却資産の取得価額の合計額が年換算300万円までの金額
④ 適用要件
・損金経理
・確定申告書等に少額減価償却資産の取得価額に関する明細書(別表十六(七))を添付して申告する

1単位あたりの金額基準のまとめ

会社の区分
中小会社 中小会社以外
10万円未満 損金 損金
10万円以上20万円未満 一括償却資産 一括償却資産
30万円未満 300万円まで損金 適用なし

中小会社以外:大会社・大会社の子会社等をふくむ

 

2. リース資産(所有権移転外リース取引により資産)
(1)所有権移転外リース取引
平成20年4月1日以後に締結される契約に係る法人税法上のリース取引のうち、次のいずれにも該当しないものです。
① リース期間の終了時又は中途において、そのリース取引に係る契約において定められているリース取引の目的とされている資産(以下「リース資産」といいます。)が無償又は名目的な対価の額でそのリース取引に係る賃借人に譲渡されるものであること。
② リース期間の終了時又は中途においてリース資産を著しく有利な価額で買い取る権利が賃借人に与えられているものであること。
③ 賃借人の特別な注文によって製作される機械装置のようにリース資産がその使用可能期間中その賃借人によってのみ使用されると見込まれるものであること、又は建築用足場材のようにリース資産の識別が困難であると認められるものであること。
④ リース期間がリース資産の法定耐用年数に比して相当短いもの(賃借人の法人税の負担を著しく軽減することになると認められるものに限ります。)であること。
なお、「リース期間がリース資産の法定耐用年数に比して相当短いもの」とは、リース期間がリース資産の法定耐用年数の70%(法定耐用年数が10年以上のリース資産については60%)に相当する年数(1年未満の端数切捨て)を下回る期間であるものをいいます。

(2) リース資産については、次のような制度は適用がありません。
① 圧縮記帳(法法47、措法65の7等)
② 特別償却
③ 少額減価償却資産の損金算入(10万未満の損金算入)
④ 一括償却資産の損金算入

(3)少額減価償却資産の特例・・・1.(4)の特例
① 他の要件を満たせば、本特例は認められている。一括で損金処理する。
② 契約ではなく資産単位で判定
リース取引では複数の資産を1つの契約として締結することがありますが、この場合の上記の取り扱いの中の30万円未満の判定を一の契約で判定するのか、あるいは一の資産で判定するかという問題があります。これについては、リース資産については一の資産で判定することになる。たとえばパソコン4台をリース総額100万円で契約した場合には、1台25万円(100万円÷4台)ですので、他の要件を満たせば適用可能ということになります。

2014年7月24日

減価償却

ページの先頭へ

修繕費と資本的支出

修繕費と資本的支出                                   2014.6.16
【法人税法の取扱い】(被災資産のケースは割愛しています。)
(1)法人税の施行令
法人税の施行令では、以下の金額は新たな減価償却資産であると規定
① その支出により、資産の使用可能期間を延長させる部分に対応する金額
② その支出により、資産の価額を増加させる部分に対応する金額

(2)法人税基本通達の適用
① 7-8-1(資本的支出の例示)
「固定資産の価値を高め、又はその耐久性を増すこととなるとと認められる部分に対応する金額」
(1)  建物の避難階段の取付けなど、物理的に付け加えた部分の金額
(2)  用途変更のための模様替えなど、改造や改装に直接要した金額
(3)  機械の部分品を特に品質や性能の高いものに取り替えた場合で、その取替えの金額のうち通常の取替えの金額を超える部分の金額

② 7-8-2(修繕費に含まれる費用)
「当該固定資産の通常の維持管理のため、又は毀損した固定資産につきその原状を回復するために要した・・と認められる部分に対応する金額」

③ 7-8-3(少額又は周期の短い費用の損金算入)
一の修理が少額(20万未満)又は周期の短い(3年)修理。

④ 7-8-4(形式基準による修繕費の判定)
一つの修理、改良などの金額のうちに、修繕費であるか資本的支出であるかが明らかでない金額がある場合には、次の基準によりその区分を行うことができる。
その支出した金額が60万円未満のとき又はその支出した金額がその固定資産の前事業年度終了の時における取得価額のおおむね10%相当額以下であるときは修繕費とすることができる。

⑤ 7-8-5(資本的支出と修繕費の区分の特例)
一つの修理、改良などの金額のうちに、修繕費であるか資本的支出であるかが明らかでない金額がある場合には、7-8-3、7-8-4を優先適用として、継続適用を条件に、その支出した金額の30%相当額とその固定資産の前事業年度終了の時における取得価額の10%相当額とのいずれか少ない金額を修繕費とし、残額を資本的支出としているときは、その処理が認められる。
以上をフローチャートとする。

No.5402 修繕費とならないものの判定

[平成25年4月1日現在法令等]

固定資産の修理、改良等のために支出した金額のうち、その固定資産の維持管理や原状回復のために要したと認められる部分の金額は、修繕費として支出した時に損金算入が認められます。
ただし、その修理、改良等が固定資産の使用可能期間を延長させ、又は価値を増加させるものである場合は、その延長及び増加させる部分に対応する金額は、修繕費とはならず、資本的支出となります。
修繕費になるかどうかの判定は修繕費、改良費などの名目によって判断するのではなく、その実質によって判定します。
例えば、次のような支出は原則として修繕費にはならず資本的支出となります。

(1)  建物の避難階段の取付けなど、物理的に付け加えた部分の金額
(2)  用途変更のための模様替えなど、改造や改装に直接要した金額
(3)  機械の部分品を特に品質や性能の高いものに取り替えた場合で、その取替えの金額のうち通常の取替えの金額を超える部分の金額

ただし、一つの修理や改良などの金額が20万円未満の場合又はおおむね3年以内の期間を周期として行われる修理、改良などである場合は、その支出した金額を修繕費とすることができます。

次に、一つの修理、改良などの金額のうちに、修繕費であるか資本的支出であるかが明らかでない金額がある場合には、次の基準によりその区分を行うことができます。

(1)  その支出した金額が60万円未満のとき又はその支出した金額がその固定資産の前事業年度終了の時における取得価額のおおむね10%相当額以下であるときは修繕費とすることができます。

(2)  法人が継続してその支出した金額の30%相当額とその固定資産の前事業年度終了の時における取得価額の10%相当額とのいずれか少ない金額を修繕費とし、残額を資本的支出としているときは、その処理が認められます。

また、災害により被害を受けた固定資産(被災資産)について支出した費用については、次により資本的支出と修繕費の区分をします。ただし、評価損を計上した被災資産を除きます。

(1)  被災資産につきその原状を回復するために支出した費用は修繕費とします。

(2)  被災資産の被災前の効用を維持するために行う補強工事、排水又は土砂崩れの防止などのために支出した費用については、法人が修繕費とする経理を行っている場合はその処理が認められます。

(3)  被災資産について支出した費用(上記(1)及び(2)の費用は除きます。)の金額のうち、修繕費であるか資本的支出であるかが明らかでないものがある場合には、法人がその金額の30%相当額を修繕費とし、残額を資本的支出としているときは、その処理が認められます。

ただし、被災資産の復旧に代えて資産を取得したり、貯水池などの特別の施設を設置したりする場合は、新たな資産の取得になりますので、修繕費としての処理は認められません。

(法令132、法基通7-8-1~6)

 

2014年7月1日

減価償却

ページの先頭へ