お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

11月11日
従業員団体の損益(法人税)
11月7日
令和の税金(投稿・意見箱)
11月5日
申請書等閲覧サービスと写真撮影(税制(改正)等のお知らせ)
10月30日
きのふの我に飽くべし(投稿・意見箱)
10月28日
区分記載請求書(消費税)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

美術品の減価償却資産の範囲

 

 

※1「時の経過によって価値が減少することが明らか」とは・・・
下記の条件をすべて満たすもの
1.会館のロビーや葬祭場のホールのような不特定多数の者が利用する場所の装飾用や
展示用(有料で公開するものを除く。)として取得されるものであること。
2.移設することが困難で当該用途にのみ使用されることが明らかなものであること。
3.他の用途に転用すると仮定した場合に、その設置状況や使用状況から見て美術品等
としての市場価値が見込まれないものであること。

※2「時の経過によって価値が減少しないことが明らか」とは・・・
下記の条件のいずれかを満たすもの
“(1) 古美術品、古文書、出土品、遺物等のように歴史的価値又は希少価値を有
し、代替性のないもの ”
(2) (1)以外の美術品等で、取得価額が1点100万円以上であるもの
(ただし、時の経過によりその価値が減少することが明らかなものを除く。)

【美術品の耐用年数について】
美術品の耐用年数は構造や材質によって判断を行うが、
室内に飾られるものの場合の耐用年数は次の通りとなっている。

種類 耐用年数
主として金属製のもの 15年 金属製の彫刻
それ以外のもの 8年 絵画、陶磁器、木彫など
2019年9月2日

減価償却

ページの先頭へ

修繕費と資本的支出

修繕費と資本的支出                                   2014.6.16
【法人税法の取扱い】(被災資産のケースは割愛しています。)
(1)法人税の施行令
法人税の施行令では、以下の金額は新たな減価償却資産であると規定
① その支出により、資産の使用可能期間を延長させる部分に対応する金額
② その支出により、資産の価額を増加させる部分に対応する金額

(2)法人税基本通達の適用
① 7-8-1(資本的支出の例示)
「固定資産の価値を高め、又はその耐久性を増すこととなるとと認められる部分に対応する金額」
(1)  建物の避難階段の取付けなど、物理的に付け加えた部分の金額
(2)  用途変更のための模様替えなど、改造や改装に直接要した金額
(3)  機械の部分品を特に品質や性能の高いものに取り替えた場合で、その取替えの金額のうち通常の取替えの金額を超える部分の金額

② 7-8-2(修繕費に含まれる費用)
「当該固定資産の通常の維持管理のため、又は毀損した固定資産につきその原状を回復するために要した・・と認められる部分に対応する金額」

③ 7-8-3(少額又は周期の短い費用の損金算入)
一の修理が少額(20万未満)又は周期の短い(3年)修理。

④ 7-8-4(形式基準による修繕費の判定)
一つの修理、改良などの金額のうちに、修繕費であるか資本的支出であるかが明らかでない金額がある場合には、次の基準によりその区分を行うことができる。
その支出した金額が60万円未満のとき又はその支出した金額がその固定資産の前事業年度終了の時における取得価額のおおむね10%相当額以下であるときは修繕費とすることができる。

⑤ 7-8-5(資本的支出と修繕費の区分の特例)
一つの修理、改良などの金額のうちに、修繕費であるか資本的支出であるかが明らかでない金額がある場合には、7-8-3、7-8-4を優先適用として、継続適用を条件に、その支出した金額の30%相当額とその固定資産の前事業年度終了の時における取得価額の10%相当額とのいずれか少ない金額を修繕費とし、残額を資本的支出としているときは、その処理が認められる。
以上をフローチャートとする。

No.5402 修繕費とならないものの判定

[平成25年4月1日現在法令等]

固定資産の修理、改良等のために支出した金額のうち、その固定資産の維持管理や原状回復のために要したと認められる部分の金額は、修繕費として支出した時に損金算入が認められます。
ただし、その修理、改良等が固定資産の使用可能期間を延長させ、又は価値を増加させるものである場合は、その延長及び増加させる部分に対応する金額は、修繕費とはならず、資本的支出となります。
修繕費になるかどうかの判定は修繕費、改良費などの名目によって判断するのではなく、その実質によって判定します。
例えば、次のような支出は原則として修繕費にはならず資本的支出となります。

(1)  建物の避難階段の取付けなど、物理的に付け加えた部分の金額
(2)  用途変更のための模様替えなど、改造や改装に直接要した金額
(3)  機械の部分品を特に品質や性能の高いものに取り替えた場合で、その取替えの金額のうち通常の取替えの金額を超える部分の金額

ただし、一つの修理や改良などの金額が20万円未満の場合又はおおむね3年以内の期間を周期として行われる修理、改良などである場合は、その支出した金額を修繕費とすることができます。

次に、一つの修理、改良などの金額のうちに、修繕費であるか資本的支出であるかが明らかでない金額がある場合には、次の基準によりその区分を行うことができます。

(1)  その支出した金額が60万円未満のとき又はその支出した金額がその固定資産の前事業年度終了の時における取得価額のおおむね10%相当額以下であるときは修繕費とすることができます。

(2)  法人が継続してその支出した金額の30%相当額とその固定資産の前事業年度終了の時における取得価額の10%相当額とのいずれか少ない金額を修繕費とし、残額を資本的支出としているときは、その処理が認められます。

また、災害により被害を受けた固定資産(被災資産)について支出した費用については、次により資本的支出と修繕費の区分をします。ただし、評価損を計上した被災資産を除きます。

(1)  被災資産につきその原状を回復するために支出した費用は修繕費とします。

(2)  被災資産の被災前の効用を維持するために行う補強工事、排水又は土砂崩れの防止などのために支出した費用については、法人が修繕費とする経理を行っている場合はその処理が認められます。

(3)  被災資産について支出した費用(上記(1)及び(2)の費用は除きます。)の金額のうち、修繕費であるか資本的支出であるかが明らかでないものがある場合には、法人がその金額の30%相当額を修繕費とし、残額を資本的支出としているときは、その処理が認められます。

ただし、被災資産の復旧に代えて資産を取得したり、貯水池などの特別の施設を設置したりする場合は、新たな資産の取得になりますので、修繕費としての処理は認められません。

(法令132、法基通7-8-1~6)

 

2014年7月1日

減価償却

ページの先頭へ