お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

2月27日
10年同じ仕事(投稿・意見箱)
2月20日
癒される(投稿・意見箱)
2月13日
上がるモチベーション(投稿・意見箱)
2月10日
中小企業者、中小法人等の判定(法人税)
2月7日
下がるモチベーション(投稿・意見箱)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

うつ病九段 

土曜日に書店によって新刊コーナをみていて、「うつ病九段 先崎学」という本を買う。

棋士、先崎がうつ病を発病して、頭のなかにコールタールを塗りこめられたようなうどん底の状態から、徐々に回復する過程を時系列におっての体験談である。

先崎の実兄が精神科の医師であり、初期症状からすぐに入院の手配をうけたり、回復期に散歩を奨励して、「医者や薬は助けくれるだけなんだ。自分自身がうつ病を治すんだ。大自然をとりこむことがうつを治す力である」などのアドバイス、ラインで毎日のように「必ず治ります」と短いメッセージが送られてきたなど、ある意味幸福な環境下での闘病記である。

そして、彼の属していた仕事仲間でもあるプロ棋士たちとの交流が彼を救っていく。とりわけ彼を敬愛する後輩たちの言動が、彼を勇気づけていく様子は読んでいても感動的である。
自分がまだ「価値」のある存在であること、尊敬されていること、後輩からのその言動が彼を勇気づけ、この仕事を続けていきたいという信念がうつを克服していく原動力となっている。

うつ病とは心の病ではなく脳の病であり、したがってだれにでも発症する可能性があるという。私がうつになったとして、うつを克服する支えや原動力が自分にあるだろうかとの思いを持ちながら読み終えた。

投稿者:春田 健2018年10月22日

投稿・意見箱

ページの先頭へ