お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

2月20日
癒される(投稿・意見箱)
2月13日
上がるモチベーション(投稿・意見箱)
2月10日
中小企業者、中小法人等の判定(法人税)
2月7日
下がるモチベーション(投稿・意見箱)
2月5日
不動産譲渡のある場合のチェックリスト(所得税)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

クライマーズハイ

定期的に映画を録画しており、そのなかに「クライマーズハイ」がありました。昔、原作の小説(横山秀夫)をよみ、以前にもTVでこの映画をみましたが、先日再度みました。
1985年におきた日本航空123便の御巣鷹山で墜落事故をめぐって、墜落現場のある群馬県の地方新聞において、担当デスクを任される主人公の記者を軸にして、仕事にかける情熱とモラル(チェック、ダブルチェックを徹底する主人公は結局スクープを逃すのですが)、部門間の対立、主人公の親子関係などを描いたドラマです。
また新聞社の編集現場とはこんな感じかと思わせるようなリアル感もあり、見応えのある映画です。

このドラマのなかで、主人公の上司達が自分たちの現役時代に獲得した過去のスクープ体験にいつまでも囚われて、そのことが自分たち現役世代の仕事を阻害している、「過去の栄光にとらわれて、新しいスクープに嫉妬している」そう主人公と言い合う場面があります。

実際、若い世代が育ち先輩を追い越していく状況は、どの職場どんな仕事にもあるものでしょう。また、そうでない組織は衰退していくだけです。
前の世代は、後にくる人達の邪魔をしてはならない・・・。

投稿者:春田 健2018年9月7日

投稿・意見箱

ページの先頭へ