お客様の声

(宗)福智院 静 琴盛様 当法人は昭和58年より会計にIT導入を進め、経理の透明化に努力して参りました。 しかしながら集約して
(宗)持明院 竹内 崇雄様 春田先生は非常に信頼のできる会計士さんで、30年近くお仕事をお願いしております。 他のスタッフの方々
(宗)恵光院 近藤 大玄様 昭和63年、追徴課税を受けた計理に疎い宗教法人恵光院が春田先生に御指導をお願いしてから25年余り、そ

お客様の声をもっと見る

ニュース

5月5日
強者(投稿・意見箱)
4月24日
固定資産税がゼロから1/2まで軽減されます(税制(改正)等のお知らせ)
4月12日
資料(投稿・意見箱)
4月2日
西郷どん(投稿・意見箱)
3月30日
3月決算法人向け申告の留意点及び平成30年税制改正大綱セミナー(Ⅱ所得拡大促進税制)(税制(改正)等のお知らせ)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2303(2)
大阪駅前第三ビル23階3(2)号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

落ちてくるナイフ

NYダウの急降下をうけて、日本の株式市場も連鎖安で今週で8%下げたという。ずっと適温相場といわれてきたが2日の米国の雇用統計の発表を発端に世界同時株安の様相である。

この株価の乱高下のときに、必ずといっていいほど、識者のコメントが新聞にのる。「〇〇証券チーフストラテジスト」とか「投資顧問会社、上級アナリスト××」とかの肩書をもった人物が、今後の相場の予測をする。
新聞の宿命とはいえ、このコメントは「下落が続く」「調整後・反発」の両方の見方を載せているので、「おいおい一体どっちなんだ」ということになる。もっとも、それがわかれば、苦労しませんけどね。

新聞を読んでいると「落ちてくるナイフを掴むな」という格言が紹介されている。急落時の投資は落ちてくるナイフをつかむようなもので、どんなに魅力的な銘柄でもナイフが床に落ちてから、つまり底を打ったのを確認してから投資すべきという意味らしい。
落ちてくるナイフ、なんかゾクとします。

投稿者:春田 健2018年2月10日

投稿・意見箱

ページの先頭へ