お客様の声

田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を
サンフレックス(株) 長谷川 剛様 春田先生とは設立当初から大変お世話になっております。 とても話しやすく経営に関する悩みには豊富な知識
(株)ビバリア 林 和宏様 全く税務知識のない状態で起業しましたので、きっちりとした会計事務所をパートナーにと思い、色々な会計事

お客様の声をもっと見る

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2303(2)
大阪駅前第三ビル23階3(2)号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

落ちてくるナイフ

NYダウの急降下をうけて、日本の株式市場も連鎖安で今週で8%下げたという。ずっと適温相場といわれてきたが2日の米国の雇用統計の発表を発端に世界同時株安の様相である。

この株価の乱高下のときに、必ずといっていいほど、識者のコメントが新聞にのる。「〇〇証券チーフストラテジスト」とか「投資顧問会社、上級アナリスト××」とかの肩書をもった人物が、今後の相場の予測をする。
新聞の宿命とはいえ、このコメントは「下落が続く」「調整後・反発」の両方の見方を載せているので、「おいおい一体どっちなんだ」ということになる。もっとも、それがわかれば、苦労しませんけどね。

新聞を読んでいると「落ちてくるナイフを掴むな」という格言が紹介されている。急落時の投資は落ちてくるナイフをつかむようなもので、どんなに魅力的な銘柄でもナイフが床に落ちてから、つまり底を打ったのを確認してから投資すべきという意味らしい。
落ちてくるナイフ、なんかゾクとします。

投稿者:春田 健2018年2月10日

投稿・意見箱

ページの先頭へ