お客様の声

(宗)福智院 静 琴盛様 当法人は昭和58年より会計にIT導入を進め、経理の透明化に努力して参りました。 しかしながら集約して
(宗)持明院 竹内 崇雄様 春田先生は非常に信頼のできる会計士さんで、30年近くお仕事をお願いしております。 他のスタッフの方々
(宗)恵光院 近藤 大玄様 昭和63年、追徴課税を受けた計理に疎い宗教法人恵光院が春田先生に御指導をお願いしてから25年余り、そ

お客様の声をもっと見る

ニュース

2月10日
落ちてくるナイフ(投稿・意見箱)
2月1日
働き方改革(投稿・意見箱)
1月29日
ディープジャパン(投稿・意見箱)
1月22日
期末従業者数(地方税)
1月22日
フレフレ湘南(投稿・意見箱)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2303(2)
大阪駅前第三ビル23階3(2)号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

働き方改革

今、国会で審議されている「働き方改革」(残業時間の上限規制等)を新聞などで読んでいるが、自分のなかで今一つピンとこないできた。

ところで、今朝の日本経済新聞の「私見卓見」欄にエンジャパンの越智会長の「最近の『働き方改革』に違和感がある。単なる欧州マネになっていないだろうか、」と始まる小論が掲載されている。
もちろん、「過労死をまねく働き方は許され」ないが、「新人社員や若手」に対しては「『休め休め』『定時に帰れ』と『優しさ競争』になって」そのことが、若者の「成長機会を奪っていないだろうか」という主張である。「若者こそ、仕事の場で磨かれるべきではないか。」「時代を生き残るための心的耐久性・創造的知性・社会的知性といった能力を身につけさせるのは経営者の社会的責任でもある。」という。

仕事をすることがまるで損することだ、同じ給与なら楽をするほうがいい、そういうことを助長するような職場であれば、本人にとっても雇用側にとっても、不幸なことである。
仕事を自分に与えられたチャンスと考え克服して自信となり成長していく、成長した者にはさらにチャレンジできる仕事が回ってくる、そうして仕事人として我々は一人前になってゆくはずである。
仕事をされられるのではなく、仕事をしていく、そう思えるような職場でありたい。

投稿者:春田 健2018年2月1日

投稿・意見箱

ページの先頭へ