お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

2月13日
上がるモチベーション(投稿・意見箱)
2月10日
中小企業者、中小法人等の判定(法人税)
2月7日
下がるモチベーション(投稿・意見箱)
2月5日
不動産譲渡のある場合のチェックリスト(所得税)
1月22日
四世代(投稿・意見箱)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

ドリーム

昨日、ドリームという映画をみに行きました。
60年代に当時のソ連に宇宙開発競争で遅れを取っていたアメリカのNASAを舞台に、3人の黒人の女性が、人種差別が色濃くのこっている社会のなかで、自分の才能を認めさせ尊敬を勝ち取っていく、それを社会運動のなかで行うのではなく、職場の仕事で周囲が認めざるを得ないような実績をあげていくというストリーです。

人種差別ということから離れても、もっと身近にある現実の規制された枠組み(たとえば一定の序列、思考、慣習とか)のなかで、そのことがおかしいと気づかせることは本当に難しいことと思います。
人は今ある制度に慣れてしまえば、そのなかに安住してその価値軸なかで生きていくのが楽だからです。
それに風穴をあける、変革する、おかしなことだと気付かせる、価値の外にある自分を認めさせる、それは具体的かつ実証的な成果の積重ねを必要とするものです。
そんなことを思いながら、3人の黒人女性の写真(モデルになった本人たち、ほんとうに美しくいい表情をしています)が流れる映画のエンディングをみていました。

人種差別は現代においては「なにをかいわん」であるし、論外の話です。しかし、昨日の朝刊に、米国のワールドシリーズでドジャースのダルビッシュ投手に対して、対戦相手の選手がアジア人を侮蔑するしぐさをしたと言う記事がありました。
ダルビッシュのコメントが秀逸である。「大リーグ機構がちゃんとした処置をしないといけない。また完全な人間はいない、いろんな人がこのことから学べると思う。」
言うべきことを感情的にならず過不足なく言っています。彼もまた、実績で尊敬を勝ち取っていくことでしょう。

投稿者:春田 健2017年10月30日

投稿・意見箱

ページの先頭へ