お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

2月13日
上がるモチベーション(投稿・意見箱)
2月10日
中小企業者、中小法人等の判定(法人税)
2月7日
下がるモチベーション(投稿・意見箱)
2月5日
不動産譲渡のある場合のチェックリスト(所得税)
1月22日
四世代(投稿・意見箱)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

税務調査その2

今週も税務調査の立会の仕事があった。
その会社は、私が関与して7~8年ぐらいだろうか、近年急速に業績がよくなり、決算の都度、社長から「今年は税務署さん来ますよね」と問われていた。
今回の調査は、社長によると25年ぶりの税務調査らしく、事前に何度か問題点の洗いだしを行い調査に臨む。

調査の焦点は予測された何点かに絞られていく。調査官の一人が海外取引を長年担当してきた人でもあり、海外子会社とのある取引について執拗に修正を求めてくる。
社長には、会社の処理の根拠を主張してもらい、一歩も譲らない姿勢を貫いて頂く。私もまた、取引の経済的合理性のあることを説明し修正には応じません、と。
結局のところ、「わかりました、その代わりというわけでは無いが、在庫の評価損について修正をしてほしい」との話になっていく。これについては一部処理ミスもあったので、会社と相談のうえ応じることにした。

理屈には理屈で、取引には取引で、というわけでもないが、一件落着となった。

だいたいの話が終わったあたりで、調査官から「国税局全体の重点項目でもあり海外取引でとりたかった(否認をしたかった)のですが・・」と。海外取引要注意ですね。

投稿者:春田 健2017年10月7日

投稿・意見箱

ページの先頭へ