お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

2月20日
癒される(投稿・意見箱)
2月13日
上がるモチベーション(投稿・意見箱)
2月10日
中小企業者、中小法人等の判定(法人税)
2月7日
下がるモチベーション(投稿・意見箱)
2月5日
不動産譲渡のある場合のチェックリスト(所得税)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

眼力

今日の朝日新聞の天声人語に東京国立博物館の名誉館員、林屋晴三氏の話が紹介されている。茶の湯に用いられる陶磁器の目利きの権威であったという。
記事では『直言居士として知られた。人間国宝である陶芸家に向かって、「この間の作品はダメだな」とためらわず言う。』
自身の審美眼だけを基準に作品を評価したのであろう。いいものはいい、そうでないものはそうでないと。

また、日本経済新聞に3月1日より1ケ月にわたって、江戸時代の日本絵画や伊藤若冲の作品の蒐集家として有名なジョー・プライス氏の連載もありました。
当時、評価のなされない若冲の絵画などを、やはり自分の眼だけを頼りに買い求め、コレクションとした。

美術展などにいっても、値札などがあれば、そちらから見てしまいがちな私などには想像もつかない。

これは、人物評価などでも同じことである。いたずらに学歴や地位にこだわらず、自分の眼力で人物をみて評価していくのがまっとうである。

2017年4月5日

投稿・意見箱

ページの先頭へ