お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

2月13日
上がるモチベーション(投稿・意見箱)
2月10日
中小企業者、中小法人等の判定(法人税)
2月7日
下がるモチベーション(投稿・意見箱)
2月5日
不動産譲渡のある場合のチェックリスト(所得税)
1月22日
四世代(投稿・意見箱)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

敬語

テレビドラマをあまり視ないのですがNHKの大河ドラマと朝のテレビ小説はいつも視ます。今でいうと、「真田丸」と「とと姉ちゃん」である。
いずれも主人公の成長物語であるが、一方で親子の話が縦軸となっている。「真田丸」は父と息子、「とと姉ちゃん」は母と娘の。
これらのドラマで感心するのは、親子の会話の際、子供が親に対してきちんとした敬語を使っていることです。
当たり前といえばそうでしょうが、時代を超えてきちんとした家庭における言葉遣いなど、とても感じ入ってます。その背景には親に対するゆるぎのない尊敬の念があるのですが。

いうまでもなく、私も親(母が存命)にとっては息子であり、子供たちの父親でもある。結局は親子における尊敬・愛情の問題ということでしょうか。

投稿者:春田 健2016年9月28日

投稿・意見箱

ページの先頭へ