お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

2月13日
上がるモチベーション(投稿・意見箱)
2月10日
中小企業者、中小法人等の判定(法人税)
2月7日
下がるモチベーション(投稿・意見箱)
2月5日
不動産譲渡のある場合のチェックリスト(所得税)
1月22日
四世代(投稿・意見箱)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

長生き

昨日NHKの「司馬遼太郎からの問いかけ」をみていると、出席者の1人が次のように述べていた。
司馬遼太郎が好んで取り上げる、織田信長、高杉晋作、坂本龍馬、吉田松陰、西郷隆盛などなどは自分の志を変えないで生きてきた。
しかし、彼らは志を全うすることなく若くして不慮の死をとげている。
どうだろう、彼らが長寿であったとして最後まで俗物にならず、志を貫くことができただろうか。不慮の死が、志に対する真直ぐな人物として造形され魅力的になっているのではないか。
それが若い読者をひきつけ、また中高年の読者にとって(自分にない)憧れとなるのではないか、というのである。

このブログでも(2015.4.22「私は私でいられるであろうか」)次のように述べたことがあります。『自分が(こうありたい)自分でいること、は想像以上に難しいことです。妥協する、容易い方に流される、圧力に屈する、誘惑に負ける、情にほだされる、・・・「今回はまあいいか」となる自分がやっぱりあるのですね。松陰先生とは次元がちがう低レベルのはなしですが。』

長生きするとは、自分との戦いでもあるのでしょう。

投稿者:春田 健2016年3月28日

投稿・意見箱

ページの先頭へ