お客様の声

田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を
サンフレックス(株) 長谷川 剛様 春田先生とは設立当初から大変お世話になっております。 とても話しやすく経営に関する悩みには豊富な知識
(株)ビバリア 林 和宏様 全く税務知識のない状態で起業しましたので、きっちりとした会計事務所をパートナーにと思い、色々な会計事

お客様の声をもっと見る

ニュース

12月6日
026.個人事業VS法人(お得情報・節税のヒント)
11月30日
社会福祉法人会計研修会にご参加いただきありがとうございました。(お知らせ)
11月30日
相続税の基本セミナーににご参加いただきありがとうございました。(お知らせ)
11月27日
興福寺、阿修羅像(投稿・意見箱)
11月19日
2018年以後の配偶者控除・配偶者特別控除額(税制(改正)等のお知らせ)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

答える・応える

 先日、タクトコンサルティング代表である本郷尚氏の講演をネットで聴く機会あった。
 その話のなかで、印象深かったのが「答える・応える」という言葉である。

 話の内容を私なりに咀嚼して、また一部私の思いを付加していうと以下のようになる。

 我々税理士というのは、「答えたがる」種族である。お客様との話題や悩みに対して、自分の領域のなかで「解」を見つけようし、ある意味自分の世界(税など)に引き込んで答えることで自己満足に陥ってしまう。
 しかし、お客様(職業柄、会社のオーナーが多いのであろうが)が望んでいることは、もちろん税務上の問題もあろうが、その税務上の悩みというのは、その方の「思い」の一部分であって、本当に解決してほしいことは、もっと深いところにある。あるいは、解決してほしいのではなく、単に聞いて欲しいだけなのかもしれない。またもともと解決できるような問題ではないかもしれない。
 そこで、お客様の気持ちに「応える」ということが必要であるという。

 聞き出す力を持たないと「応える」ことはできない。もう少しいうと、聞き手となる自身の気持ちの厚みがないとお客様と共鳴することもできない。
 自分のことをわかってくれるという思いがあって、ようやく相互の関係を結べるのである。
 ある意味、税理士の役割を超えるような領域ではあるのだが、日常お客様と接していて、納得する内容であった。

・・・・日暮れて途遠し。

投稿者:春田 健2015年9月11日

投稿・意見箱

ページの先頭へ