お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

3月31日
危機管理(投稿・意見箱)
3月28日
045.工具器具備品を取得したときの特例(お得情報・節税のヒント)
3月18日
044.ソフトウエアを取得したときの特例(お得情報・節税のヒント)
3月5日
043.機械を取得したときの特例(お得情報・節税のヒント)
2月27日
10年同じ仕事(投稿・意見箱)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

終戦玉音放送

 土曜(8/1)の新聞を読んでいると、戦後70年ということで、8月15日の正午に行われた昭和天皇による終戦時の玉音放送の逸話が載っている。TVのドラマなどでよく登場する「朕ハ時運ノ趨(おもむ)ク所堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス」というラジオ放送である。

 私はこの放送は、「生」で行われ、またこの放送のみが行われたとばかり勝手に思い込んでいました。内容が難しい言葉ですし、昭和天皇の独特のイントネーションもあって、この放送をもって、国民がよく終戦が理解できたなとかねてより不思議に感じていたのです。

記事を読むと、この詔書は前日の14日の午後11時過ぎに録音されたこと。
また放送は次の手順で行われたとあります。
1.正午の時報
2.君が代
3.天皇の詔書朗読
4.和田放送員による詔書再朗読
5.内閣告諭
6.終戦決定の御前会議の模様
7.交換外交文書の要旨
8.ポツダム宣言受託に至った経緯
9.ポツダム宣言の要旨
10.カイロ宣言の要旨
11.終戦にのぞんでの国民の心構え
12.8月9日から14日までの重要会議の開催経過
 詔書は英仏語など20か国語に翻訳して放送された。

 いわれとみると至極当然のことでありますね。

投稿者:春田 健2015年8月3日

投稿・意見箱

ページの先頭へ