お客様の声

棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を
サンフレックス(株) 長谷川 剛様 春田先生とは設立当初から大変お世話になっております。 とても話しやすく経営に関する悩みには豊富な知識

お客様の声をもっと見る

ニュース

4月8日
令和へ(投稿・意見箱)
4月1日
考えの自走(投稿・意見箱)
3月25日
副業(お得情報・節税のヒント)
3月25日
「職場のホーキング」(投稿・意見箱)
3月20日
経営力向上計画(お得情報・節税のヒント)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

同行二人

 5月3日に高野山にいった。高野山のお寺が顧問先であり決算の打合せのためである。高野山は開創1200年の大法会が行われている最中でもあり、ゴールデンウイークと重なり山内は大混雑であった。
 その日は10時過ぎに難波発の急行に乗るが、前の席に白衣の遍路装束の女性が座る。ザックと編笠と金剛杖を持っている。笠には「同行二人」と書かれている。
 同行二人とはお遍路をしているとき、いつもお大師様(弘法大師空海)と共にあるという意味であるが、なにげに反芻していると、改めていい言葉であることに気付く。お大師様が遍路のひとりひとりに寄り添い一緒に歩いている、そんな風景を思い描くと気持ちが暖かくなる。四国を車で走っていると、お遍路さんを見かけることがあるが、彼ら彼女らはお大師様と「同行二人」で歩いていたのですね。
 そしてそれは(勝手な解釈かもしれませんが)日常生活も「同行二人」ということであり、死に至る瞬間まで(あるいは死そのもの)もそうなんでしょう。
 お断りしておくが私は真言宗の信者ではなく、今後も改宗することもないと思いますが、宗教の一つ形(理想)を表している言葉のように感じました。

 厚かましくこじつけていえば、私もまた顧客と「同行二人」となれればと思うのである。もちろん、私はお大師様のような立場ではなく、一伴走者という意味です。

 下記の写真は極楽橋から高野山へのケーブルです。まるで通勤ラッシュなみでした。

同行二人

投稿者:春田 健2015年5月13日

投稿・意見箱

ページの先頭へ