お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

11月25日
R2年度年末調整セミナー(web配信)(税制(改正)等のお知らせ)
11月24日
秋、満喫(投稿・意見箱)
10月21日
妙に楽しい(投稿・意見箱)
10月12日
国税庁担当官に聞く「年末調整手続の電子化」の概要と実務(所得税)
10月5日
053.ダイレクト納付(お得情報・節税のヒント)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

仕事

 昨日の新聞(日本経済新聞)に2つの記事が掲載されていた。

 将棋の内藤九段が現役最後の対局(2014)の2日後に行われたイベントでの講演の話。「若い頃は勝つために将棋を一生懸命指していた。それが苦しくて、辛かった。近年は勝ち負けにこだわらず将棋を楽しむことを重視したが、少しも楽しくないのだ。将棋は勝とうと緊張して指してこそ素晴らしいゲーム」

 もう一つは、「こころと経済学」の連載「幸福とは何か」で、「・・ブランド消費は、その商品を(購入することにより)人から評価されるという社会的承認を得て、幸福を感じる。・・中略・・・したがって、人が求めているのは社会的承認である。」「引きこもりがちな人の就労支援の中で最も人気があるのが、犬の散歩の代行だそうです。自分が世話することによって、犬の喜ぶ姿が見られからだといいます」

 この2つの話は「仕事」の本質を突いているように思いました。

 「仕事」はある意味、その最中は苦しく辛いのであるが、工夫をしてやり遂げていく、その真剣味・緊張感のようなもの(内藤のいう勝ち負けのこだわり)があってこそ、後になって「楽しく」思える。
 また一方において、「社会的」とまではいわなくとも、仕事の依頼主(あるいは上司かもしれない)よりの「承認」を得ること、あるいは感謝されることで、幸福感・満足感が得ることができ、バネとなって次につながるのである。
 緊張感も承認(感謝)もない仕事は、本来仕事とはいえないのかもしれない。
 
 それにしても、ゴールデンウィークの最中に、ついつい仕事のことを考えてしまう私も困ったものですね。

投稿者:春田 健2015年5月1日

投稿・意見箱

ページの先頭へ