お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

2月13日
上がるモチベーション(投稿・意見箱)
2月10日
中小企業者、中小法人等の判定(法人税)
2月7日
下がるモチベーション(投稿・意見箱)
2月5日
不動産譲渡のある場合のチェックリスト(所得税)
1月22日
四世代(投稿・意見箱)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

定年

 サラリーマンをしている友人・知人、あるいはお客様からも、必ずといって言われることが、「定年がないからいいね」ということである。たしかに組織に属さない個人事業主の特権ではあるが、それには、概ね次のように回答している。「自分の定年はお客様が決めてくれる。お客様から自分に相談が来なくなったときが、自分の第一線のリタイヤァ時である。」これはもちろん本音であり、またそうあるべきであるとも考えている。
 現状においては、お客様からは普段の相談はともかくも、重要な事は春田の意見を聞いてみよう(たぶん、そう思われていると・・勘違い?)、また事務所のスタッフの仕事に対してもその深度や視野の広さにおいてまだ一日の長があると(・・錯覚?)思っているのですが・・どうでしょうか。
 これが、逆転して、お客様から重要な相談が来なくなり、スタッフからもやり返されるようになると、定年(諦念)ですかね。
 経験と研鑽を重ねて、今しばらくは「こぴっと」現役で頑張ります。

投稿者:春田 健2014年8月22日

投稿・意見箱

ページの先頭へ