お客様の声

田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を
サンフレックス(株) 長谷川 剛様 春田先生とは設立当初から大変お世話になっております。 とても話しやすく経営に関する悩みには豊富な知識
(株)ビバリア 林 和宏様 全く税務知識のない状態で起業しましたので、きっちりとした会計事務所をパートナーにと思い、色々な会計事

お客様の声をもっと見る

ニュース

12月17日
027.法人の選択・・・株式会社VS合同会社(お得情報・節税のヒント)
12月13日
RIZAP(ライザップ)(投稿・意見箱)
12月6日
026.個人事業VS法人(お得情報・節税のヒント)
11月30日
社会福祉法人会計研修会にご参加いただきありがとうございました。(お知らせ)
11月30日
相続税の基本セミナーににご参加いただきありがとうございました。(お知らせ)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

独立して正解?

 先の原稿であずさ監査法人の会計士が入社したことを記載したが、私もあずさ監査法人のOBであり、彼と話をしていると共通の会計士の名前が挙がったりして、しばし懐かしい思いや、自分も法人に残っていれば今頃どうなっていただろうかとの思いが生じた。
 自分で言うのもどうかと思うが、監査法人時代はまじめに監査の仕事に従事していた。巨大クライアントに向かうときは、本当に監査チームの一員ということで、与えられた仕事(ルーチン)をこなしていく。これは、ある意味パーツのようであるが、チームで仕事をしている意識もあって、それなりに楽しいものであった。
 仕事をペーパーに残すこと、エビデンスを整理すること、聞きた内容の整合性を自然考えるようになることなど、現在の仕事の基礎になることは、監査法人時代の勤務のおかげであると、本当に感謝している。
 また自分で工夫しながら異常な取引をサンプルして、ヒヤリングを重ねるうちに営業から赤裸々な取引実態を聞き出せたときは、それはうれしいものでした。あるいは会計処理等の誤り(時に不正)を指摘していくことも、充実感のようなものもありました。
 このように現場レベルにおいても公認会計士監査の企業実務に対する一定の役割(指導性や牽制効果)も実感し、また資本市場における社会的役割というのも理解していたのであるが、どうも監査の仕事を大組織のなかで長期間するのは違和感があり、早い時期に独立した。(大型船のクルーとなって大海原を渡っていくのか、ボートのようなもので自ら操縦していくのか、ということでしょうか)
 また仕事の質という面でも、監査の仕事とちがい税務の場合、クライアントと対峙するというよりも、一緒になって考えるといった面があるし(事はそう単純ではないのですが)、私個人とクライアントという関係性で仕事を行っていく緊張感の方が自分には似合っていると感じ、独立して良かったと「今」一人で納得しているのである。
 第一、今さらどうしようもないし・・ね。

投稿者:春田 健2014年7月23日

投稿・意見箱

ページの先頭へ