お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

4月10日
046.相続財産の按分(配偶者は法定相続分を相続するのが必ず有利か?)(お得情報・節税のヒント)
3月31日
危機管理(投稿・意見箱)
3月28日
045.工具器具備品を取得したときの特例(お得情報・節税のヒント)
3月18日
044.ソフトウエアを取得したときの特例(お得情報・節税のヒント)
3月5日
043.機械を取得したときの特例(お得情報・節税のヒント)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

ファースト・オピニオン

 よく、セオカンドオピニオンという言葉が使われます。別の専門家に二次見解を聴取して、当初の見解を確認するという意味である。われわれの世界にもよくある話で、私もたまにセカンドオピニオンを求められることがある。
 私がセカンドオピニオンをもとめられるときには、すでにファースト・オピニオンがあり、それらの意見書等を同時に頂戴することが多い。その場合ファースト・オピニオンを知った上での意見形成となるので、比較的気持ちが楽である。よくわからない場合は「まあ、いいじゃないでですか、これで。」といったお茶の濁しかたも可能である。
 しんどいのは、ファースト・オピニオンの依頼である。更の状態から、論点を整理してあれこれ考え指針をだす。意見を求めた人はセカンドオピニオンの依頼をするかもしれない。そういう緊張感を背負い、ファースト・オピニオンを作成していく作業は苦しいけれども仕事の甲斐もある。
 お客様は早く見解を知りたい場合などは、一番信頼している専門家にファースト・オピニオンを求めるであろう。お客様からファースト・オピニオンを求められる会計税務専門家でありたいと願っている。

投稿者:春田 健2014年7月4日

投稿・意見箱

ページの先頭へ