お客様の声

田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を
サンフレックス(株) 長谷川 剛様 春田先生とは設立当初から大変お世話になっております。 とても話しやすく経営に関する悩みには豊富な知識
(株)ビバリア 林 和宏様 全く税務知識のない状態で起業しましたので、きっちりとした会計事務所をパートナーにと思い、色々な会計事

お客様の声をもっと見る

ニュース

12月17日
027.法人の選択・・・株式会社VS合同会社(お得情報・節税のヒント)
12月13日
RIZAP(ライザップ)(投稿・意見箱)
12月6日
026.個人事業VS法人(お得情報・節税のヒント)
11月30日
社会福祉法人会計研修会にご参加いただきありがとうございました。(お知らせ)
11月30日
相続税の基本セミナーににご参加いただきありがとうございました。(お知らせ)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

文章資料作成心得

文章資料作成心得
 仕事上でエクセル、ワード等で文章・資料を作成することが日常的にあるが、以下のような点に注意するようにしている。

1.文書内に作成日付を入れる。その場合、作成日2014.4.25という記載にする。「作成日」という文字もいれておくということ。
2.日付は必ず年度から入れる。
3.文章に名前(タイトル)を入れる。
4.A4を原則的なサイズとする。できれば、1枚にまとめる(1枚で印刷する)ように設定する。
5.フッタ等を利用して全体枚数の把握ができるようにする。もしくは、ページ番号を入れる。
6.エクセルの場合など、基本的に初期設定(行幅、フォントのサイズ)をむやみに変更しない。
7.エクセルで複数枚にわたる表を作成する場合、ページ設定のシートを利用して、行見出し、列見出しの設定を行う。
 などなど、以上は実行するようにしています。

一方、行えば便利(重宝)であると思うが実際できていないもの。
1.作成日について、できれば年度は和暦と西暦の両方入れる。例としてH26(2014)とか。
2.文章作成者の氏名を入れる。
3.保存するファイル名にも作成日を入れる。たとえばこの文章の場合、「文章資料作成心得(2014.4.25)」というように。これは、将来ファイルを一見した段階で、削除可能かどうかの簡単な識別情報となるからである。
4.内容のある文章・資料とすること。(これが一番むつかしい!)

投稿者:春田 健2014年4月25日

投稿・意見箱

ページの先頭へ