お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

10月21日
妙に楽しい(投稿・意見箱)
10月12日
税務通信3621号 国税庁担当官に聞く「年末調整手続の電子化」の概要と実務(所得税)
10月5日
053.ダイレクト納付(お得情報・節税のヒント)
10月1日
日銀日記(五年間のデフレとの闘い)(投稿・意見箱)
9月28日
052役員報酬の改定・いつから(お得情報・節税のヒント)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

周回遅れのランナー

  •  ずいぶん以前に読んだエッセイを思いだすことがある。もう記憶もあいまいだが、概ね次のようなものだった。
  •  オリンピックの1万メールトル(?)競技のTV中継で、先頭のランナーが、最後尾の選手を追い越しゴールした。さて、最後尾の選手は、その後周回遅れでゴール地点にたどり着いたが、その選手はゴールを超えてさらに走っていくのである。なんのことはない、先頭選手に2周以上の差があったのである。観客席からは励ましの拍手と笑が相半ばするも、順位はもちろん記録ももはや問題にならなくなり、しだいに観客の関心もなくなっていく。

  •  この話を時に思い出すのである。我々もこの周回遅れのランナーのような立場にたつことがある。仕事が後手となり、すでに結論のでた後でそのプロセスの組み建てを行うようなケースがそうだ。結論がでているので、時間が無駄だからといってもう手放すのか、もともとなすべき仕事をなすとの態度をつらぬくのか、というようなことである。
  •  もちろん、ケースバイケースの判断となるが、どちらを選択しても、苦い決断である。

投稿者:春田 健2020年7月16日

投稿・意見箱

ページの先頭へ