お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

10月21日
妙に楽しい(投稿・意見箱)
10月12日
税務通信3621号 国税庁担当官に聞く「年末調整手続の電子化」の概要と実務(所得税)
10月5日
053.ダイレクト納付(お得情報・節税のヒント)
10月1日
日銀日記(五年間のデフレとの闘い)(投稿・意見箱)
9月28日
052役員報酬の改定・いつから(お得情報・節税のヒント)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

「持続化給付金」について

GWまえに、新型コロナウイルス感染症拡大による事業者の救済を目的とした、持続化給付金の支給のガイドラインが公表された。

  • その受給要件は簡素なもので次の3点である。
  • (1) 2019年以前から事業により事業収入を得ており、今後も事業継続の意思がある。
  • (2)2020年1月以降、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、前年同月比で事業収入が50%以上減少した月がある
  • (3)法人の場合は資本金10億円未満(または常時使用する従業員2千人未満)

(2)の「新型コロナウイルス感染症拡大の影響等によにより⇒売上高の前年郷月比50%の減少」というのがあいまいだ。「影響等」というは、どの範囲をいうのでしょうか。

  • 「前年同月比で事業収入が50%以上減少した月がある」という単月で判定するとなっているが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等はあり売上高の減少はもちろんあるが、次のような要因が重なっているケースはどうか。
  • ①ある月の売上高が出荷の都合で翌月となり、前年同月比が1/2以下に下がった。
  • ②前年のある月の売上高が、たまたま異常に多かった。
  • ③建設業のように売上高が月によって変動する法人はどう考えるのか。
  • ④会計処理基準を変更した。

事業年度の全体の売上高や利益を判定基準にいれずに、単月の売上高を用いるこのやり方は、あとあと問題をおこすような気がしてならない。

投稿者:春田 健2020年5月7日

投稿・意見箱

ページの先頭へ