お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

11月11日
従業員団体の損益(法人税)
11月7日
令和の税金(投稿・意見箱)
11月5日
申請書等閲覧サービスと写真撮影(税制(改正)等のお知らせ)
10月30日
きのふの我に飽くべし(投稿・意見箱)
10月28日
区分記載請求書(消費税)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

印紙税の不思議

税理士業を長年しているが、つねづね不思議に思っているのに印紙税がある。

税理士法上の税理士業務に、なぜか印紙税がふくまれていない。したがって、われわれもお客様との顧問契約書の記載税目からも外している。しかし、お客様よりは結構な頻度で印紙税の問い合わせがあり、われわれも当たり前のように調べて答えている。

問い合わせの内容は、まあ簡単なのもあれば、微妙で正直よくわからないものも多い。

印紙税単独の税務調査もあるし、法人税の調査においても、調査の途中で印紙の否認事項があれば、印紙税の調査の開始宣告される(当初の調査税目に入ってないため)のも、わざとい。

ずいぶん以前であるが、ある法人で8000万円印紙税を追徴されたことがあった。そのこともあって私はその法人の顧問に就任させていただきましたが、先に顧問になっていたとしても、それを事前に防止できていたかどうか自信もない。非課税と思って日常的に作成されている文書が、課税文書であると認定されたときの惨事は、想像を絶しますね.

同じ内容を、紙で作成すれば課税され電子ファイルで送信すれば課税がないなど、ほんと不思議な税金です。

投稿者:春田 健2019年10月18日

投稿・意見箱

ページの先頭へ