お客様の声

棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を
サンフレックス(株) 長谷川 剛様 春田先生とは設立当初から大変お世話になっております。 とても話しやすく経営に関する悩みには豊富な知識

お客様の声をもっと見る

ニュース

10月18日
印紙税の不思議(投稿・意見箱)
10月15日
賃上げ・投資促進税制(法人税)
10月7日
従業員の車を会社で使用する場合の費用処理について(法人税)
10月4日
ずぶずぶの(投稿・意見箱)
10月2日
【国税、海外資産の監視強化】(クリッピング)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

スモールビジネス

22日(日曜)の朝の情報番組をみていると、京都の佰食屋(ひゃくしょくや)というステーキ丼のお店が紹介されていた。お昼に始めて、その日で100食を売り切れば店を閉めるというのである。
これに類したお店は多くあるかもしれないが、佰食屋は従業員の働き方改革の一環として行っているという。100食完売でその日の仕事が完了するので、100食に近づくと従業員のモチベーションが上がってくるらしい。

また、日本経済新聞の夕刊「人間発見」で、破綻寸前の旅館「陣屋」を立て直した女将さんのビジネス奮闘記が先週より掲載されている。年中無休が当たり前の旅館で週休3日制を導入しているという。これも働き方改革である。これは新聞で紹介されている様々なビズネスアイデアのなかの一つに過ぎない。

しかし、従来の拡大していくことがビジネスの成功法であるということからすれば、スモールビスネスへの転換がなんとも斬新である。
これもまた新しい「経営」なのだろう。

(追記2019.9.25)
売上高=数量×単価 なので、数量部分を抑制をするというのは本来逆行しているようだが、単価の増加、経費の圧縮(佰食屋さんなどは食材にロスがなくなる)、多店舗化、ノウハウ(システム化)販売などで、全体売上が伸びているのでしょうね。要は工夫しないと、そういうことです。

(追記2019.10.2)
本屋に入って新刊コーナーをみていると、佰食屋さん「売上を、減らそう」という本が出ていました。

投稿者:春田 健2019年9月23日

投稿・意見箱

ページの先頭へ