お客様の声

株式会社ネイムス 代表取締役 堀口秀司様 今年で25期を迎え、代表の春田先生には15期から見ていただき現在に至ります。 弊社は、デザイン企画制
棚田正明様 私は40余年の自営業を経て、いよいよ次の第三幕から終幕に向けた人生においては決して避けては通れないさ
田中宏幸法律事務所 田中 宏幸様 春田先生とは、大学予備校YMCA土佐堀校以来のお付き合いで、私が勤務弁護士の頃から私個人の確定申告を

お客様の声をもっと見る

ニュース

2月27日
10年同じ仕事(投稿・意見箱)
2月20日
癒される(投稿・意見箱)
2月13日
上がるモチベーション(投稿・意見箱)
2月10日
中小企業者、中小法人等の判定(法人税)
2月7日
下がるモチベーション(投稿・意見箱)

法人概要

代表社員
:春田 健
菊川 有大
荒川 拓樹
稲葉 裕郁
所在地
:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目
1番3号-2208
大阪駅前第三ビル22階8号室
TEL
:06-6343-1002
FAX
:06-6343-1018

うつ病九段・つづき

先に紹介した本から、妙に気持ちが残る一節を。

「兄からは連日ラインがきていた。ほとんどは『必ず治ります』という短いものだったが、なによりそれが心強かった。ヒマな時にはケイタイを手にして、私はしげしげとそのラインを眺めるのだっだ。」

また、回復期に亡くなった師匠である故米長邦雄の自宅を訪問して、奥様に病気の経過を報告した際、将棋盤と駒を預かったという。いずれも師匠の愛用の品であり、駒の箱書きをみると昭和34年とあり、米長がプロ棋士となったお祝いでもらったものだという。
「家に帰ってつらつら考えた。昭和34年ということは、私が生まれる十一年前である。自分が生まれる前にも心血を注いで将棋を指した人がいて、やがて病気になり死んでいく。そしてまた、歴史は繰り返し、私が棋士になった後に生まれた俊英が大勢いて、彼らが活躍して、私が病気になっていく。・・・物事は順繰りなんだと思った。」

投稿者:春田 健2018年10月25日

投稿・意見箱

ページの先頭へ